スポンサーリンク

結婚式も自粛?コロナウイルス対策を十分行えば挙行できます

新婚夫婦にとって、とくに女性が楽しみなことに結婚式があるのではないでしょうか。
旦那さんとしてはやってもやらなくても、という感じかもしれません。
かく言う私も、お金もったいないし、めんどくさい…と思って最初はやりたくありませんでした。
しかし結婚式って良いことがたくさんあります。例えば…

・結婚式をしなかった夫婦より離婚率が低い
・後になって妻からネチネチ言われず喧嘩が減る
・育ててくれた親への孝行になる

自分本位に考えるとしんどいですけど、周囲への感謝を伝える場面であることや今後の生活を考えると
結婚式できるだけの時間やお金の余裕があるのなら、ぜひやっておいたほうが良い
と私は考えます。

新型コロナウイルスの影響で、結婚式を迷っている夫婦の方は多いのではないでしょうか。
結婚式場を探そうと思っていても、相次ぐ外出自粛などで

新婦
新婦

思っていたように式場探しが出来ないわ。
そもそもいつなら結婚式が挙げられるんだろう?
旦那は何も言ってくれない、やってくれない。
我慢するしかないのかな…

こうした悩みを内に秘めている女性はたくさんいると思います。
一方で、

新郎
新郎

妻が結婚式やりたいという気持ちはわかるけど
この状況で本当にできるだろうか。というかやって良いのか?
出席をお願いする皆に迷惑をかけるのだけは避けたい。

こうした不安を抱える男性もたくさんいると思います。

自分達でコロナウイルスをどうにもできないので話は平行線です。
きっと喧嘩に発展することもあるでしょう笑

そこでコロナウイルスを対策しながら結婚式を挙行するための、
3密を避けて感染拡大リスクを極力下げた結婚式のカタチの提案や、
結婚式場探し見学のコツなどをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式場

昨今の状況では、密集、密閉、密接の3密を避けて挙行するのが望ましいです。
結婚式はどれも該当しそうですが、工夫次第でこれらを解決することができます。

どれだけのゲストを呼ぶか、どういう環境で行いたいか
まずは夫婦で話し合ってみましょう。

密集対策には広い会場、ゲスト数の制限、貸切会場

結婚式を行うにあたって、まず呼びたいゲストをリストアップします。
家族や友人、お世話になっている人…せっかくの機会なので、
たくさんの人に祝福してもらいたい気持ちがあると思います。
頭に浮かんできた人はとにかくリストに入れておきます。
そしてリストアップしたゲストの数によって会場の広さを検討することになります。
ゲストは円卓を囲むように座りますが、ゲスト間の距離も保たなければならないので、
通常想定される広さの倍の大きさの会場を選択する必要があります。

また、式場によっては別の結婚式が同時に行われることもあります。
もし会場を貸切にできるなら、貸し切ったほうがホストもゲストも安心です!

密閉対策には屋外で挙行、換気十分の会場

空気が循環するように換気が十分に行われる会場を選びます。
時季によっては屋外で挙行するのも素敵かと思います。

密接対策には短時間披露宴

長時間の密接状態も避ける必要があります。
演出を減らすことで披露宴時間の短縮が期待できます。

会場見学

結婚式を挙行するにあたり、まずは会場見学を行う必要がありますね。
政府の要請で一時期は休業が続いておりましたが、
その間に安全に式場見学できる仕組みを作っている結婚式場がたくさんできました。
おかげで安心して楽しく見学できるようになりました。
下記にその例を示します。

結婚式場側のコロナウイルス対策(引用元:マイナビウェディング)

元々自分達で考えてる式場がある場合はよいですが、
式場によって対策がどうなっているのか調べるのは大変ですね。
そういう時は自分たちでやるよりも、大手の業者を利用、相談してみるのが効率的です。

結婚式場はスケジュール打ち合わせや、テーブルコーディネート、衣装決め、メイク、花など
決めることがたくさんあり何度も通うことになります。
女性はマッサージを受けに通ったりもしますね。
そのためゲストの方はもちろん、当日を迎えるまでに
自分達も安心して通うことができる場所を選ぶと良いかと思います。

結婚式の延期・キャンセル

たくさん式場を見学して2人で決めて、結婚式はそこから数ヶ月〜1年後になるでしょうか。

結婚式の日にコロナウイルスの影響がどうなっているか、現状としては全く分からないです。
そうなると出てくる新たな不安として、結婚式の延期・キャンセルがあります。

結婚式の見積もりをもらったときに、延期やキャンセル料はどうなるのか
予め式場に確認しておいたほうが良いです。
友人で今まさに結婚式場を選んでいる人がいますが、
彼らは元々2020年6月に挙行予定だったところを2020年11月に延期しました。
4月くらいに延期検討してましたが、秋は元々かなりいっぱいで何とか入れてもらったそうで、
延期料やその他の費用がかかることはなかったそうですが、
季節が変わると会場の雰囲気や食事を変えて改めてゲストに連絡して、と
けっこう大変そうではありました。

段取り

コロナウイルスが猛威を振るう中きちんと結婚式を行えるのか、
普段と違ったところにも気を遣う必要があって大変な道のりではあると思います。

こういう状況では大手の業者に頼むのが一番安心です。
私はマイナビウェディングをオススメしています。

マイナビさんのサロンコンシェルジュの9割は元ウエディングプランナーであることから、
業界事情に大変詳しい方が勢揃いしております。
無料で丁寧なカウンセリングをもとに、2人にぴったりな会場を提案してくれます。
気に入った会場が見つかれば、見学手配やその他条件交渉も代わりに対応してくれますし、
二次会、結納、指輪、エステの案内も行ってくれるので、何かと心強いのは間違いないです!

こうした手厚い対応に加えて、お祝い金プレゼントやその時々によるキャンペーンがあります。
普段よりサポートしてもらいながら結婚式の段取りをつけていことで
お祝い金がもらえる特典をうけることができるのも大変ありがたいです。

また上記に示したコロナウイルス対策をしっかりと行い運営しております。

迷っている新郎新婦の皆さん、ぜひマイナビさんに相談してみてください。
この時期不安も多いかと思いますが、安心して楽しい結婚式ができることを願っております。

2+

コメント