ライティングの副業は難しくてオススメできないので解説します

スポンサーリンク

ライティングなら私でもできるだろうか…

こうした悩みを解決します。

記事の内容:
・ライティング系副業は安すぎる
・やる価値がない理由
・ふわふわした募集に手を出してはいけない
・ライティングスキルの活かし方

解説の根拠

最近ココナラでプログラミング副業を始めた中で
Webライティングの案件をたくさん見かけましたが、
どれもパッと見てすぐにやる価値ないな、と感じました。

スポンサーリンク

ライティング副業は安すぎる

ライティング系の案件は労力に見合わぬ報酬でコスパ悪いです。

「3000文字以上書いてください、1文字1円換算でお支払いします」
とか文字単価で募集しているものはだいたい割に合いません。

そもそも3000文字以上書くってかなり大変ですし、
高品質に仕上げるには相当な下調べを必要とします。

どのワードで狙って、それに付随する情報はどれにして、と考えてから実際に書いて…
時給換算すれば1000円にもなりません。
さらに自分の得意分野でない場合は
文章に説得力が出ないために、さらに苦戦を強いられることになるでしょう。

1記事書いて数千円もらえますが、それまでの労力は想像以上です。

やる価値がない理由

ライティングの副業は成果が自分の資産にならないのでやる価値がありません。

もしこの案件は書けそうだな!と思ったら自分のメディアに書くべきです。
そしてアクセス解析から改善を繰り返して記事を磨きあげるのが長期的に見てお得です。

案件があるということは少なからずそこに依頼者は商機を見出しているはずです。
そんな中苦労して自分の経験など踏まえて書いたものが他人のものになるなんて悲しすぎます。

ブログにアドセンスやアソシエイトを貼って長期的に運用できる仕組みを作ればよいのです。
その記事から別記事に飛んだもらいアクセスが増えたり、何かしらオファーが来るかもしれません。

自分の記事は自分で管理してこそ価値ある資産になります。

ふわふわした募集に手を出してはいけない

募集内容がふわふわしていると感じたらそれは見過ごすべきです。

私の感覚からすればほとんどがぼやけた募集内容に見えます。
上でも述べましたが、何か書く時には、狙ったワードを勝ち取りにいかねばなりませんから
「スマホゲームやって2000文字以上の記事にしてください、ゲームは何でもいいです」
とか
「株式投資に対する記事を書いてください、2500文字以上、明日まで」
とか、どうすればいいんだよ!ってなってしまいますね笑

依頼者が意図したことを書いても新たな問題を生んだり低評価つけられたりするので、
やめておいた方が無難です。

まあ要するに、ふわふわしている=SEOに従ってない、ってことです。

ライティングスキルの磨き方

ライティングスキルを磨くにはアナリティクスとサーチコンソールが必須です。

アナリティクス、サーチコンソールともにGoogle無償提供の解析ツールで、
アナリティクスは記事のアクセス数、サーチコンソールは検索ワード、順位等を教えてくれます。

アナリティクスは結果なので、磨くときにはサーチコンソールを使うのがよいですね。
ちなみにサーチコンソールは「サチコ」と呼ばれたりします。

記事を公開したら、サチコでどういう検索ワードで流入しているかわかるので、
1位を取れそうなワードに絞って記事を更新します。
そして1か月ほど様子を見て、いまいちであればさらに更新して…と
繰り返すことで記事の検索順位を上げていきます。

これがライティングスキルを向上させるのに有用です。
だから自分のメディアに記事を公開させる必要があるのです。

ブロガーはブログを何度も更新しながら検索上位を常に保っていると聞きます。
記事は公開したところからが始まりですね。

まとめ

・ライティング系の案件は労力に見合わぬ報酬でコスパ悪いです
・ライティングの副業は成果が自分の資産にならないのでやる価値がありません
・自分のメディアで記事を磨きあげるのが長期的に見てお得です
・募集内容がふわふわしていると感じたらそれは見過ごすべきです
・ライティングスキルを磨くにはアナリティクスとサーチコンソールが必須です

4+

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事が気に入ったらハートのいいね!ボタンを押して頂けると嬉しいです!
今後の励みにします!(ちなみに、押すとボタン周辺にハートがフワフワ〜っと出てきて少し幸せな気分になれます)
もし、よくないね!と思ったらボタンを2度押ししていただければと思います。通知がきますので改善いたします。

ファイナンス
カフェレストラン女神湖駅

コメント