スポンサーリンク

自宅でプログラミングを学べる小学生向けオンライン教室の紹介

小学生向けのプログラミング教室はあるかな
どういうことを学べるんだろう

こうした悩みを解決します。

本記事の内容:
・義務教育で必修化されたプログラミングの概要
・プログラミングを効率よく学べるテックキッズオンラインコーチングの紹介

解説の根拠

私は組み込みエンジニアとして日々C言語を用いたプログラミングをしています。
プログラミングって何でもできるのが利点ですが、
それゆえ始めて間もない頃は何をしてよいか分からない状態が続きます。
今にして思えば早いうちから良い教材で指導してもらいながらやっておけばよかったなと痛感しています。

スポンサーリンク

プログラミング必修化

学習指導要領が改定され、2020年から義務教育にてプログラミングが必修化されました。

中学校は今まで技術・家庭の時間で、ネットワークやプログラミングなど
情報に関する技術の授業がありましたが、これが倍増となりました。
小学校は今まで何もありませんでしたが、算数や理科でプログラミングを取り入れることとなりました。

以降は小学校の話になりますが、
今回の要領改定ではプログラミングが新たな科目として新設されるわけではないです。
また、どの単元でプログラミングを取り入れるかは学校の裁量次第なんですね。

そもそも、今回の学習指導要領がなぜ改定されたかと言うと、
学んだことを理解したか問うことで評価した現状を、
学んだことを基に、自身で考え、表現して社会で役立てるよう変更された背景があります。
これからは教員による一方通行の授業から、生徒自身が主体的、能動的に参加する授業に変更されます。
その実現方法の1つとしてプログラミングが導入されたわけです。
だから、プログラミングが必修化というものの、これをしなければならない、という
ところまでの落とし込みはされていないのです。

プログラミングの現実

プログラミングは初心者ほどきつい思いをしますが、良いこともたくさん身につけられます。

私も仕事でプログラミングしてますが、初めて作ったときはうまく動くことはほとんどないです。
そしていつも心が折れると同時に、イライラもしますし、やめたくもなります笑
そういう時は先輩に助けを求めに行って指導していただいたものです。
その先輩からは
「プログラムは君の思ったように動くんじゃなくて、書いた通りに動くんだよ」
と言われてきましたが、本当そうだなあと思います。

今にして思えば、分からないときに誰かに頼れるととても安心して取り組むことができました
そして分からないときはマニュアルや他の人が書いたプログラムを見て理解した後、
自分のコードを見直して間違ってる部分を直して動作チェックすることを
正しく動くようになるまで繰り返すクセがつきました。
こうした考える力と諦めずに取り組む力は日常生活にも活かすことができます。

嫌な思いもいっぱいしますけど、それ以上に良いこともたくさんあるのがプログラミングだと感じます。

テックキッズオンラインコーチングの紹介

プログラミングを学ぶならテックキッズオンラインコーチングがオススメです。

Tech Kids Online Coachingの無料体験はこちら

プログラミングを継続的にやりたい!という子どもたち向けのオンライン学習塾になります。
サイバーエージェントが2013年から始めて、すでに3万人以上を指導している老舗のプログラミング教室です。
対象は小学3〜6年生としていますが、パソコンが使える子だったら小1からでも受け付けているそうです。
親はいつでも子供の学習進捗や成績を確認することができるようになっています。
受講料は12,000円/月、入学金や教材費はかからないです。
ちょっと受講料高いんですけど、他社サービスと比較すると値段に見合う価値はあります。

そんなテックキッズオンラインコーチングですが、プログラマーの私から見て、
最も効率よく、そして楽しくプログラミングを学ぶことができるオススメの教室です!

オススメのポイントを紹介します。

目標

塾ではプログラミングを通じて目指す目標を下記2つに設定して取り組んでいます。
・プログラミングの実力を身につけること
・主体的に取り組む力を身につけること

こうした目標に加えて、さらにプログラミングを継続して極めていくことにより、
プログラミング検定の取得や小学生向けプログラミングコンテストへの入賞を目指します。

Tech Kids Grand Prix
Tech Kids Grand Prix(テックキッズグランプリ)は小学生のためのプログラミングコンテストです。「Scratch(スクラッチ)」やテキストプログラミング言語を用いて開発した作品を大会決勝にてプレゼンテーションしていただきます。

プログラミングって色々できる反面、目標がないと何をして良いか分からなくなります
特に一人でやってると、どこかで限界がきます。
そうした時に競い合う人がいて、自分の実力以上の作品に出会い、
自分ももっとできるようになりたいと思える環境があるのはとても恵まれていると思います。

教材

教材はQUREOを用いて行います。

QUREOとはスクラッチに魅力的なキャラクターが登場したり本格的なストーリー設定によって
子どもが夢中になって楽しく学習を進めることができる教材です。

QUREO プロダクト紹介ムービー

モノをつくることがエネルギーになっている世界が悪(バグ)に襲われ街が崩壊してしまい、
ガイドキャラクターのアルゴと共に悪(バグ)を倒す旅に出て、世界を元に戻しに行くストーリーです。

正しく動くプログラムを作るなかで、プログラミングの概念を学びます。
例えば、入出力や条件分岐、初期化、論理演算、変数、ループなど多岐にわたり、その数30にもなります。
何を学習するか聞いてざっと教えてもらったんですけど、中盤からはグローバル変数やリストなど
情報系の大学で学ぶことも含まれていて、かなり高度な内容も学習範囲に入ってます。

プログラミングの画面は上図のようになります。
見た目で分かる人もいるかと思いますが、QUREOはスクラッチと同じ操作性です。
スクラッチのプログラミング形式って分かりやすくて良いんですよね。
実際のプログラミングは開発環境依存の初期化や変数の宣言などややこしい部分があるのですが、
それらを一切省いてすぐ取り掛かることができるので楽しいです。

うちの子パソコンできないんだけど…という方にも安心です。
なぜなら実際にコーディングをするわけではなく、
ほとんどはマウスを使って動作ブロックを組み合わせて処理を書いていき、
動作ブロックの中身をキーボードで変えていくからです。

またQUREOには学習をサポートしてくれる機能があるので、
困った時の助けをしてくれたり、もっと学びたい時にどんどん進めていける環境が整っています。
文字だけでなく音声や動画でも説明してくれます。
恵まれた環境もあって、入会して3ヶ月経った頃には自分で考えて設計できる子もいるそうです!
あとゲームをやめてQUREOでオリジナルゲーム作るのにハマる子もいるんだとか。

コーチ

担任のコーチがついて、月3回(各30分)の面談を通じて一緒に学習を進めていきます。

この塾のいいところはこれで、
面談では学習の進捗確認、学んだことの解説、次回までの目標立てを行います。
面談ではカメラで互いに面と向かって対話します(親が同席することも可能)。
これが学習を続けていくためには非常に重要だと感じます。

オンラインレッスンでは、予め用意された教材を黙々とこなすものが多いです。
これだとどこかのタイミングで一度サボると手つかずになってしまいかねません。

やっているうちに、もうやりたくないなあとか思うことがあると思うんですよね、私もそうですし笑
そうしたときに誰かが支えてくれて、もう少し頑張ってみようと言われると再開できたりします。
コーチは技術的なサポートだけではなく、こうした精神的な部分も支えてくれる存在です。
そして塾のコーチは皆、技術面/精神面をサポートするための研修を受けて選抜された人たちです。

そもそもこの塾の目標の1つに「主体的に取り組む力を身につけること」とありますが、
これを実現するのは教材もですが、何より担任のコーチの取り組みによる部分も大きいです。
コーチは子どもたちがどうやって自発的に行動できるようになるかコーチングする役割も担っています。
だから面談では、子供は思うがままコーチに気持ちをぶつけていいのです。
私も「半日やっても動かないから、今日はもう帰りたいです」なんて先輩に愚痴ったりしますが、
それを受け止めてくれる人がいるだけでも、精神的な支えになったりします。

また、コーチと面談がないときでも、Skypeのチャット機能を用いていつでも学習相談ができます。
翌日以内に確実に回答をくれるのでやる気を損なわずに学習を進められます。
余談ですが、コーチとのチャットが楽しくて、5秒で1キーくらいのタイピングしかできなかったのが
いつの間にやらブラインドタッチでスラスラタイピングできるようになった子もいるらしいですよ。

評判

サービスを利用する親からの評判は上々です。

小5男子の親
小5男子の親

パソコンのことは詳しくないので、オンラインでの受講を私たち親がサポートできるか心配でしたが、面談の仕方や学習の進め方も コーチが丁寧に教えてくれるので、全く問題なく受講できています。他の習い事のように送迎する必要もないので、とても便利です。

小3女子の親
小3女子の親

飽きっぽい性格なので学習を継続できるか不安でしたが、今では子供も夢中で受講しています。コーチがたくさん褒めてくださったり、 苦手なポイントも丁寧に解説してくれるので、やる気の炎が途切れないようです。今では、毎週の面談が楽しみらしく、私たち親も安心してお任せできています。

まとめ

・義務教育でプログラミング必修化するも、内容は学校次第
・プログラミングは嫌な思いもするけれど、それ以上の楽しいこともたくさんある
・プログラミング塾ならテックキッズオンラインコーチングがオススメ
 担任のコーチとの面談と飽きない教材で楽しみながら学習を継続できる

もしお子さんにプログラミング塾を考えているようなら、
まずはテックキッズオンラインコーチングの無料体験レッスンをやってみてくださいませ。
合わなそうだなあ、とか子供が興味持たないなあ、とかだったらやらなければ良いですし、
それが分かるだけでも価値があるかと思います。

Tech Kids Online Coachingの無料体験はこちら

0

コメント