駆け出しエンジニアはまずクラウドソーシングをやるべき理由を解説します

スポンサーリンク

プログラミングスクール卒業したものの、この後どうすればいいの?

こうした悩みを解決します。

本記事の内容:
・現場を経験できる
・報酬以上の良いものが得られることがある
・おすすめのクラウドソーシングサイト

解説の根拠

主にココナラでプログラミングのサービスを販売していました。
一時期プラチナランクになって仕事のオファーもきてました。
やっているうちに報酬だけではなく大きな物が得られることが分かったので紹介する次第です。

スポンサーリンク

現場を経験できる

お客様と直接やりとりすることで、プログラミングの現場を経験できます。 

プログラムを書く現場では、すぐに着手できるわけではなくお客様の求める仕様を正確に把握するところから始まります。
その上でプログラムを書き、動作を都度確認しながら仕上げていきます。
お客様に渡す前には品質評価を行い、問題ないことを確認してから納品します。
そのプログラムをお客様に動かして いただき、希望に沿った動きをしないのであれば修正していくことになります。

仕様を把握してコーディング作業を行い、お客様の環境の中で問題なく動作する品質を作り上げていく、現場での一連の流れを経験することができます。 

こうした経験はプログラミングスクールでは決してできることではなく、報酬が発生するお客様との仕事の中でのみできることで、数をこなすことで自身の成果となり自信につながります。

いきなり大規模な案件に手をつけると双方にとって不満足な結果になります。
これを避けるためにも、まずはクラウドソーシングで比較的レベルが低い案件から始めることをお勧めしたいです。 

報酬以上の良いものが得られることがある

お客様との仕事の中で、他人の書いたソースコードに触れることが多いです。

プログラマーとしてのレベルを上げるなら、他人の書いたソースコードを解読して流用できるようになることは非常に大事です。
他人のソースコードを参考にして、お客様の希望する機能を追加修正していくことは非常に価値があります。
プログラムを作るにあたっては完全に自作で新規のものを作ることは実際には少なく、もともと動くソースコードを切り貼りして設計していくことが多いです。

報酬額は少なかったとしても、現場での経験が少ないのであれば、すでに動いているソースコードの修正ができる機会が与えられる環境に積極的に身を投じるべきです。
この経験を何度も積むことによって自分のレベルが上がりそれが報酬に反映されることは間違いないです。 

既存のプログラムの修正の案件があれば積極的に手を挙げていきましょう。 

おすすめのクラウドソーシングサイト

おすすめはココナラです。

プログラミング関連だと、クラウドワークスとかランサーズがあるんですけど、ああいうプログラミングに特化しているのはライバルも案件もレベルが高いので受注するだけでもきついです。
その点ココナラは、プログラミングの案件が多い割にライバルも少ないし、内容も比較的やさしいものが多いです。

あわせて読みたい:
ココナラで受注するためのコツを解説します
ココナラで副業できるプログラミング言語を紹介します
ココナラで最低評価の星1をもらったので話します

まとめ

・お客様と直接やりとりすることで、プログラミングの現場を経験できます
・お客様との仕事の中で、他人の書いたソースコードに触れることが多いです
・おすすめのクラウドソーシングサイトはココナラです

1+

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事が気に入ったらハートのいいね!ボタンを押して頂けると嬉しいです!
今後の励みにします!(ちなみに、押すとボタン周辺にハートがフワフワ〜っと出てきて少し幸せな気分になれます)
もし、よくないね!と思ったらボタンを2度押ししていただければと思います。通知がきますので改善いたします。

プログラミング
カフェレストラン女神湖駅

コメント