カメラ付き耳かき使ったら便利で手放せなくなったので解説します

耳かきでうまく取れない
ちゃんときれいになったのか確認したい

こうした悩みを解決します。

記事の内容:
・カメラ付き耳かきの使い方
・オススメのカメラ付き耳かきの紹介

解説の根拠

2020年のAmazonプライムデーにて購入しました。
使ってみた感想としては、とっても良いです!2020年で一番買ってよかったものですね。
見れなかったものが見れるようになったことで安心して耳かきできるようになりました。
必要以上に掻いて傷つけることも、深くまで突っ込むこともなくなり大満足!
一度使うと便利すぎてもう手放せません!

カメラ付き耳かきとは

カメラ付き耳かきはWi-Fiでスマホとつなげて付属アプリでカメラ画像を確認しながら耳かきするものです。
(イヤースコープと言い方が一般的かもしれません)

iOS/Androidどちらにも対応している機種がほとんどです。
使用中の画質が悪いとか映像が遅延するとか全くありませんし、
最初はどう動くのか分かりづらく大変ですが、慣れればこんなに快適なものはないです!

値段はどれも3,000円程度なので気軽に購入できるかと思います。
カメラ付き耳かき一覧を見る

メリット・デメリット

カメラ付き耳かきを使うと、痛いと感じることがなくなったのがメリットです。
耳かきしたら痛みを感じる、耳鳴りがするという経験をしたことはありませんか。
あれらは耳かきが鼓膜を引っ搔いたときに生じるもので、下手すると外耳炎になるので危ないです。
カメラを見ながらだと、自分の鼓膜もしっかり確認できますし、安全に耳かきできます。
また、ちゃんと取れているかチェックできるのもいいですね。

一方、デメリットとしては最初は操作に慣れが必要です。
カメラ画像と自分の操作が合うまで少し戸惑うかもしれません。ただこれは使ううちに慣れて解消されるでしょう。

MZ Scope

私はMZScopeの製品を使用しています。

WiFiでスマホと接続します、iOS/Android両方に対応です。
有線で接続するものもあるんですけど、断然ワイヤレスがオススメです!
有線接続だと操作中の動きに制限がかかりますし、断線の恐れもあります。
ワイヤレスだとこうした不安から解放されるのでとても嬉しいです。気苦労なく使うことができます。

これ以降、こちらの製品をもとに話を進めます。

使用方法

カメラ画像を見るには、まずMZ SCOPEアプリをインストールします。

そして、
①耳かきの電源を入れる(キャップ脱着で電源が自動ON/OFFします)。
②耳かきにアタッチメントを取り付ける
③スマホのWI-FI設定で、MZ〜、と耳かきの型名が表示されるのでそれを選択。
④WiFi接続されたことを確認したらアプリを起動
⑤カメラ画像がリアルタイムに表示される

カメラ画像を見るのにやることはこれだけです、とっても簡単!

画像は下記のように映し出されます。
ちょっと汚い画像ですみませんが、実際こうして見て分かるのは安心感がありますね。

機能

リアルタイムで画像を確認できるほか、写真や動画を撮って保存することもできます。
例えば耳の中怪我して傷の状態を経過観察するときなんか便利かもしれません。

また耳かきにブルーライト機能もついてて、耳の中でONすることで清潔を保つことができます。
けど、んー、これは本当でしょうかね、やってみたところよく分かっていません。

先端は金属ですが、体温に近いくらいに発熱させるので違和感なく使用できます。
冬でも問題なく使えますね、こういう地味な工夫は嬉しいです!

まとめ

カメラ付き耳かきはWi-Fiでスマホとつなげて付属アプリでカメラ画像を確認しながら耳かきするものです
私はMZ Scopeを使って、すごく満足できる商品だと感じています。

5+

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事が気に入ったらハートのいいね!ボタンを押して頂けると嬉しいです!
今後の励みにします!(ちなみに、押すとボタン周辺にハートがフワフワ〜っと出てきて少し幸せな気分になれます)
もし、よくないね!と思ったらボタンを2度押ししていただければと思います。通知がきますので改善いたします。

生活
カフェレストラン女神湖駅

コメント