第二種電気工事士は独学で合格できる?短期合格特別講座で独学しよう

独学で合格できる人には条件があります

第二種電気工事士試験の合格率は毎回50%以上と高いですが、この数字を鵜呑みにしてはいけません。
受験生の多くは学校で対策をしっかりやってきた工業高校の3年生です。
彼らが受験者数の多くを占めるので結果的に合格率も高くなっているだけで実際は難しい試験です。

私は会社員になってから独学で受験して合格しましたが、電気業界の人間だからです。
電気について高校卒業程度の知識があれば独学で合格できるでしょう。
筆記は市販のテキストを購入すればよく、実技対策はYouTubeで対応できるからです。

しかしもしあなたが電気の業界にこれから参入したくて、その足がかりにこの試験を受けようと言うのであれば、独学での合格はできますけど長期戦を強いられると思います。
試験の合格率が高いので甘くみられがちですが、 きちんと対策して臨む必要があります。

そこで独学で学びたいあなたにオススメしたいのが短期合格特別講座です。

第二種電気工事士 短期合格特別講座

短期合格特別講座を使うべき理由

短期合格特別講座を使えば試験合格までの時間がぐっと縮まります

第二種電気工事士試験は年に2回しかチャンスがなく、一度不合格になると半年待たなければなりません
この間の時間をキャリア形成に使えないのは非常にもったいないので、一発合格を目指したいところです。

短期合格特別講座は、パソコンやスマホを用いたライブ講義で学習します。
ライブ講義を受けて、丁寧に解説された過去問題集に取り組むことで1次試験の筆記試験の対策はばっちりでしょう。

問題なのは実技の2次試験の方です。
40分しかないのが厄介で、この時間内に複線図を書き、組み立て終わらなければなりません。
途中で間違いに気づいたときにはほぼ不合格決定ですし、組み立ての細かいルールも理解しておかないと減点3つで不合格となります。
短期合格特別講座は実技試験に用いる実際の部材やストリッパー(被覆剥き)が郵送されますので、複線図の書き方を学び、組み立て方法と注意点をライブ講義で確認しながら自分で手を動かし作業することを繰り返します。
これが非常に効果的で、何度も繰り返して作るうちに体が覚えて実際の試験でも落ち着いて取り組むことができるようになります。

短期合格特別講座が良いのはこうした実技試験対策が整っているところにあります。

短期合格特別講座を使えば独学でもしっかり合格できます

短期合格特別講座の費用は60,500円(税込)です。
一見高いと思われるかもしれませんが、独学で苦労して取り組んだのに不合格になって半年という時間が無駄になることを考えると安い投資ですよ。
半年という時間を6万円で買えるなんて破格ですし、合格後に電気工事士になればすぐ投資回収できます。

第二種電気工事士の独学について不安や悩みがあるなら、短期合格特別講座で対策してみてはいかがでしょうか。

第二種電気工事士 短期合格特別講座
0

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事が気に入ったらハートのいいね!ボタンを押して頂けると嬉しいです!
今後の励みにします!(ちなみに、押すとボタン周辺にハートがフワフワ〜っと出てきて少し幸せな気分になれます)
もし、よくないね!と思ったらボタンを2度押ししていただければと思います。通知がきますので改善いたします。

資格
カフェレストラン女神湖駅