スポンサーリンク

お酒の免許申請書の記載方法と注意点を解説します

お酒の免許申請書ってどうやって書けば良いんだろう
注意しなければいけないことってあるのかな

こうした悩みを解決します。

記事の内容:
・免許申請書サンプルと書き方の注意点が分かるようになります

スポンサーリンク

本申請書を記載している人の想定

個人の申請

酒類小売業免許は個人と法人で区別されます。

個人事業主として、酒類小売業を営むのであれば個人で申請します。
会社の事業として取り組む場合は法人で申請します。

なので例えば、飲食店である㈱女神湖駅があったとして、
そこの従業員であるヒデさんが個人の酒類小売業免許を取得していたとします。
㈱女神湖駅は、ヒデさんがいるから、との理由で酒類販売業を行うことはできません。
もし、こうした理由で㈱女神湖駅が酒類販売を継続していたら違法となります。

【法人向け】飲食店にて、その場で飲める形でお酒を提供する際は免許不要です

飲食店にて免許が必要となるのは、お酒を未開封の状態で販売する時です。
グラスに注いで、その場で提供するのであれば免許は不要です。
免許は不要ですが、飲食店の名義で酒類販売管理者研修は受けておく必要があります。

輸入酒に限った販売を行う

海外のお酒を日本に輸入して小売したい、とします。

日本国内で製造したお酒は製造量や販売量に制限があるのに加え、
販売許可の誓約書を請求されたり、何かと大変です。
輸入酒の場合は、これらの制限がありません。

日本のお酒を小売販売するのは、酒造メーカーか
メーカーとツテがある人でないと難しいです。

インターネット等の通信手段を利用してお酒を販売したい

酒類小売業免許には、一般酒類小売業免許と通信販売酒類小売業免許の2つがあります。
一般酒類小売業免許は店頭での対面販売、
通信販売酒類小売業免許はインターネットや郵便、電話などの通信手段を用いた販売
です。

通信販売ページの作成方法は下記の記事にて解説しています。

(余談)一般酒類小売業免許は取得が少し難しそう

私は通信だけ申し込みましたが、税務署の職員さんから一般はどうするか問われました。
一緒に取れるなら取りたいと思ってお願いした所、
レストラン従業員で顧客にお酒を提供していた程度では厳しいらしいです。
しかしこれだけでなく総合的に判断する、ということだったので
自分が一般の免許を取るのに適した人物なのか、最寄りの税務署に問い合わせてみると良いです。

参考文献

手引

この記事に書かれている内容は、主に国税庁の手引を引用しています。
内容の詳細を知りたい場合はこちらの手引をご確認ください。

ただ、次葉4の最新フォーマットは手引と異なります
本記事では令和2年現在の最新フォーマットのサンプルを示します。

免許申請の手引|国税庁

書籍

申請書作成にあたり「あなたもできるワインの輸入販売」という書籍が大変役に立ちました!
手引を見て、これ自分でやるのか…と思ってましたが、
実際に著者の藤川氏が申請した書類が載っていて、
自分もやりきってみせる、と勇気をもらいました。
免許申請以降の手順も細かく記載されていて、一読する価値有りです。

酒類販売業免許申請書 記入サンプル

さて、ここからは申請書や次葉の記入サンプルと注意点を記載していきます。
以下のサンプルを見ながら書いていけば、
自力で調べて作成するのに比べて作成時間を半分に縮めることができ、
税務署への提出後に、書類の修正や追加でやり直しになることも無くなるでしょう。

図1. 酒類販売業免許申請書 記入サンプル

販売場の所在地及び名称欄

地番

土地の登記事項証明書に書かれている地番を記載します。

住居表示

ご自宅の住所を記載します。

名称

名称はお店の名前になります。ふりがなを忘れずに記載します。
個人ではお店をもっていないと思いますので、販売ページを作成しておきます。
販売ページの作成は別記事にまとめました。

業態

その他にチェックを入れて、
カッコ内に「インターネット販売および通信販売」と記載します。

余談ですが、ワードでチェックボックスを出す方法はご存知でしょうか。
半角英数字で「2713」と入力し、AltキーとXキーを入力すると表示されます。
もしよければ使ってみてください。

通信販売管理者の選任

ご自身のお名前になります。
カッコ内は、「お店の名前、本人、生年月日」になります。

申請する販売業免許の種類

通信販売酒類小売業免許 と記載します。

販売しようとする酒類の品目の範囲及び販売方法

特別に書きたいことがなければ、上図サンプルと同じように書けばよいと思います。
同じ内容を記載したので、よければコピペしてお使いください。

販売する酒類の範囲は、輸入酒に限る。
酒類の販売方法は、2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、
カタログ等(インターネット等を含む。)を使用して販売のための誘引行為を行い、
通信手段により購入の申込みを受け、配達により商品の引渡しを行う小売販売で、
かつ、酒類の購入申込者が未成年者でないことを確認できる手段を講ずる場合に限る。

申請の理由

これも特別に書きたいことがなければ、上図サンプルと同じように書けばよいです。
同じ内容を記載したので、よければコピペしてお使いください。

日本国内において、海外酒類をインターネット等の通信手段を使用して販売することで、
良質で安価な酒類を消費者に提供するため。

販売業免許申請書(次葉1) 記入サンプル

次葉1は申請販売場の敷地の状況(=周辺地図)を記載します。

図2. 酒類販売業免許申請書(次葉1) 記入サンプル

書くべきポイント

周辺を含めた見取り図を記載します。
そして申請販売場と倉庫の位置を明示します。

販売業免許申請書(次葉2) 記入サンプル

次葉2は次葉1で記載した申請販売場の詳細を記載します。

図3. 酒類販売業免許申請書(次葉2) 記入サンプル

書くべきポイント

免許の性格上、申請販売場に事務机、パソコン、椅子、プリンタは必要です。
サンプルには倉庫内に冷凍・冷蔵設備の記載がありますが、
私は所有してないので記載していません。

また申請販売場と一体として機能する倉庫を明示します。

また、次葉2では”標識の表示場所”も明示しなければなりません。
後述の次葉6の酒類販売管理者関係欄にある1と2がこれに該当すると考えられます。
私は未記載として税務署より指摘が入り再提出しました、忘れずに記載しましょう。

販売業免許申請書(次葉3) 記入サンプル

次葉3では販売設備の現状を記載します。

図4. 酒類販売業免許申請書(次葉3) 記入サンプル

書くべきポイント

敷地・建物は登記事項証明書に記載の数字を書きます。
敷地は、土地の登記事項証明書に記載の”地積”
建物は、建物の登記事項証明書に記載の”床面積”

事務所や倉庫はメジャーで測定して記載します。

また、
土地、建物(店舗、事務所、倉庫、駐車場その他必要に応じた事項)の広さ、
申請販売場、倉庫等に設置している備品

これらをもれなく記載します。

販売業免許申請書(次葉4) 記入サンプル

次葉4では事業計画を記載します。
最新のフォーマットは平成27年の手引と異なるので注意しましょう!

こちらはページ最下部にて有料で提供させていただいております。

販売業免許申請書(次葉5) 記入サンプル

次葉5では次葉4の勘定の詳細と財力をどれくらい有するかを書き出します。

図6. 酒類販売業免許申請書(次葉5) 記入サンプル

書くべきポイント

サンプルでは所有資金121万円としていますが、
実際には仕入れと費用を足した額の3倍の資金力があれば問題ないかと思います。
(私は3倍の資金を通帳に入れて申請したところ問題ありませんでした)

図5を参考に計算すると、下記のようになります。
(仕入れ金額 + 費用) * 3
= (240,000 + 372,000) * 3
= 1,836,000円

また、この資金力を証明するために、
預金通帳のコピーを書類と一緒に提出します。

販売業免許申請書(次葉6) 記入サンプル

次葉6では販売管理にするにあたっての取組計画を記入します。

図7. 酒類販売業免許申請書(次葉6) 記入サンプル

書くべきポイント

酒類小売販売場の所在地及び名称には
申請書で書いた住所・店舗名と同じものを書きます。
店舗・販売場の面積はそれぞれ次葉3で書いたものと一致させて書きます。

はい・いいえ、はサンプルと同じように書けばよいです。
「未成年者の飲酒防止に関するポスターを掲示する。 」のポスターについては、
酒類販売管理者研修でもらえると思いますが、
無ければ酒販組合に問い合わせればもらえます。

また、忘れずに選任予定の酒類販売管理者の氏名および年齢等を記載します。

申請書チェック表を確認

申請書のほか、提出書類に申請書チェック表があります(図8参照)。
申請書書および申請書次葉1〜6の確認事項を確認して、問題なければ丸付けします。

上に述べたそれぞれの記入サンプルに黄色のアンダーマーカーを引いている部分が
確認事項になりますので、漏れなく書くことができていれば全て○がつきますね。

まとめ

以上が申請書の記入になります。お疲れさまでした。

付録

安くて美味しいワインを探している方

以下、販売業免許申請書(次葉4)の記載になります。
・記入サンプル ・書くべきポイント ・計算方法
これ3つの説明になります。

1+

コメント