スポンサーリンク

猫に好かれるにはコツがあるので解説します

私ってどうして猫に好かれないんだろう
猫に好かれるにはどうすればよいのかな

こうした悩みを解決します。

記事の内容:
・猫に好かれるためにすること

解説の根拠

猫を2匹飼っていました。
他にも犬、亀、インコ、うさぎ、熱帯魚、ハムスターなど飼った経験があります。
猫に限らず、犬やインコにもよく好かれます。もっと人間に好かれたいです。

スポンサーリンク

距離感

猫に近づきたければ、猫が嫌に思わない程度の距離を取ります。

猫は警戒心が強く、パーソナルスペースが大きい(笑)動物です。
いきなり近づくと猫はびっくりして逃げてしまいます。
たまに猫に触ろうと近づく人を見かけますが、その度に違うんだよなあ、って思います。
猫に好かれようと頑張って近づくほど、猫は警戒して怖がります。
逃げる猫もいれば襲ってくる猫もいて、これは猫の性格によるでしょう。

猫に近づくなら、まず猫がいる位置から1m以上離れたところでしゃがみます。
このとき手招きしたり、目を合わせ続けるのは避けたほうが良いです。敵意をもつ可能性があります。
あとしゃがむのが大事ですね。立ってるとでかくて怖いでしょうし、目線を少しでも猫と同じにした方が警戒されにくいです。
猫の気持ちを最優先に考えて、猫の方から近づいてくるまでじっと待ち続けます。

いよいよ猫が近づいてきてスリスリしはじめます(始めは膝が多い)。
しかし、まだ触らず、スリスリしてきたとこの近くに手を置きます。
そして手にスリスリしてきたところで、軽く頭を触ります。
何度か繰り返し、少しずつ背中や横腹も触ってみて、触れ合います。
これでもうお友達です!

猫は足やお腹を触られるのが嫌いに思うことが多いので、顔や背中を触るのが無難でしょう。

見極める

猫が今、人と触れ合いたいか見極めることが大事です。

せかせか何かやってる時に仲良くなろうとしても難しいです。
ゆったりとした感じが出ている時に試みます。

ノミやダニ、感染に注意

野生の猫に近づく時は、ノミやダニに注意しましょう。

見てすぐ分かりませんが、野生の猫は寄生されていると思っていたほうがよいです。
スリスリしたときに服にノミやダニがついてしまうと、人間もかゆみが出たりします。
もし自宅に動物がいれば、彼らに移す可能性も十分にあります。

また誤って引っ掻かれると、ばい菌に感染することも少なくありません。

可愛いからとむやみに近づくと痛い目を見ることもあるので注意が必要です。
野生歴の長い猫はだいたい目元を見ると分かります。
目やにがついてれば可愛かったとしても触るのは止めたほうが良いと思います。

まとめ

・猫に近づきたいなら距離感を大事にして、怖がらせないのが大切です
・仲良くなれそうな猫か予め見極める目を持ちましょう
・野生の猫はできるだけ触らない方が良いです

猫を知って、楽しい時間を過ごしましょう!

0

コメント